« 街中のカメ | トップページ | カラーヴァリエーション »

2008年9月 1日 (月)

エアープランツのタワー

今日は朝1でフラワースクールでのレッスン。

エアープランツのタワーを作りました。

Dscn3487
牛乳パックにセメントを流し込んで土台(花器)作りから
スタートです。そのセメントにスティックをさして乾くまで
待ち、ワイヤーや籐のベース、球、エアープランツを飾っていきます。

材料は全員同じですけどデザインは自由。どういう風に
つくってもOKなのであれこれ考えるのは実に楽しいです。
集中して花に携わっている時間は充実していて、夢中で
作っています。

いつもは花がいっぱいですが、たまにはこんな風に
グリーンだけで作ってみるのもスタイリッシュでいいですね。
エアープランツは空気中の水分を吸って生きています。
時々霧吹きでお水をかけるだけでOKです。
長い間楽しめそうです。

|

« 街中のカメ | トップページ | カラーヴァリエーション »

」カテゴリの記事

コメント

エアープランツって1個だけ置いてあると、
なんとなく寂しい雰囲気になってしまうのですが、
こんな風に飾ることもできるんですね。
生けるだけじゃなくて、土台から作っちゃうなんて、すごいですね。

投稿: tammy | 2008年9月 1日 (月) 15時35分

最近では100均でも見かけるようになり、ぐっと身近になったエアープランツ。単独だとガラス容器に・・・と思っていましたが、こんなディスプレイ方法があるのですね。目から甲羅が剥がれました( ゚∀゚)
空気中の水分を吸って・・・かぁ・・・我が家の車も、空気中のエネルギーを吸って走ってくれないかなぁ・・・(現実逃避)

投稿: まる | 2008年9月 1日 (月) 18時14分

エアープランツ、不思議な植物ですよね♪
そんな飾り方もあるんですね、面白いです。部屋がおしゃれになりそう。
わたしもお花始めようかなと思ってたんですよ。いろいろ考えながら、作っていくの楽しそうですね★

投稿: mk | 2008年9月 1日 (月) 22時24分

tammyさん~
半分工作をしているような感じでしたよ~
花器から作ること、結構多いです。
エアープランツはつるしたり、ワイヤーに乗せてとばしたり、根っこや茎を水につける必要がないので便利なアイテムです。
私はサボテンのはえているような乾いた大地が好きなんですがエアープランツはそんな大地を連想させてくれるので気に入っています。

投稿: きなこ | 2008年9月 2日 (火) 00時50分

まるさん~
わはは!目から甲羅ですか~~^^
空気中の水分で生きているとはいっても
時々霧吹きでシュッとしてあげる必要があるそうです。空気を吸って走る車があったら最高^^ですね。

投稿: きなこ | 2008年9月 2日 (火) 00時56分

mkさん~
お花楽しいですよ~ぜひトライしてみてくださいな~私が思うに、花って何百何千という種類があってそのどれもが完璧な「美しさ」を持っていると・・
その完璧に美しいものをつかってさらに
デザインを起こす、創作することが醍醐味でしょうか?お花はやっぱりきれいですからこころなごみ癒されます^^

投稿: きなこ | 2008年9月 2日 (火) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1035963/23394847

この記事へのトラックバック一覧です: エアープランツのタワー:

« 街中のカメ | トップページ | カラーヴァリエーション »