« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

ニューフェイス ちび亀

またまた久しぶりの更新になってしまいました。(^-^;
仕事がピーク寸前を迎えバタバタな毎日です。
亀たち、みんな元気ですがイシガメのうちこが
産卵体制に入りました。
4日ほど前からごはんを食べなくなり、部屋をうろつき
掘り掘りを始めました。いつものパターンですが
やはり落ち着かないですね~

今日はヘアーサロンに行き髪をカットしてきました。
かなり伸びてうっとうしくて仕方なかったので薄く、軽くしてねと
スタイリストさんにお願い。結果すっきり軽くなってるんるんです。

引き続き亀グッズも作っていますよお~~(o^-^o)
さて今回ニューフェイスを作ってみました。アカミミと言えれば
いいのですが、申し訳ありませぬ・・・・
まだ、試行錯誤段階であーでもない、こーでもないをしております。
アカミミ誕生はもう少し先になりそうです。

今回のニューフェイスはクサガメのちびちゃんです。
今までの大きさの立体亀の70%ほどで作ってみました。

Dscn5302
2匹比べるとこんな感じです。

Dscn5305
親亀の上に子亀が乗って~~~noteと、つい歌いたくなって
しまいました。最初はこのちびを「幼体」と呼ぶつもりで
イシ幼体も作って~~と言っていたら、こんたいわく
「あのさ~、クロクサの幼体なんてありえねえ~
みんな普通のクサガメになる」と。

あはははー\(;゚∇゚)/そりゃ、ありえねえー!!
何考えとるんじゃ~私。幼体、封印。単純にちび亀。

こちらはうちの主、チビータ女王様。


どーん。

Dscn5288
ぼて~~~~ん。むちむち~~~~。

Dscn5286
もで~~~~ん。この巨体にこの後ろ脚。亀の脚はなんて
かわいいんだ!!ああ、足の裏触りたいっ!(≧∇≦)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらは亀グッズ。この間ベランダで植物に水やりしていて
そういえばここにも亀がいたっけ。ということで写真を撮りました。

Dscn5266
奥の石のカメプランターは10年ぐらい前にホームセンターで
見つけました。数年前まではここに「ベイビーズティアーズ」を
植えてこんもりとしげってミドリガメだったんですけど
暑さにやられて干からびてしまったので今は「カランコエ」と
多肉植物を植えてあります。
手前の黒い亀はお土産でいただいたもので火山岩でできた亀です。

Dscn5268
これは私の服についていたタッグ。こんなところに亀が。
数年前の地球博で買ったものです。亀飼いとしては
ひそかにうれしい。happy01




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

カメ近景

おひさしぶりです。毎日暑いですね。
私はすっかりスローペースでの更新です。仕事が一年で
一番忙しい時期に突入。亀グッズ製作とあいまって
バタバタな毎日です。この秋、2件の亀イベントに
出展がきまりました。近日中にまたくわしくお知らせしたいと
思います。

さて、カメたちですがみんな元気です。セキがこの頃グルメになり
亀フードを食べないのでちょっと困っています。

ベランダ亀の家はローテーションを組んで3亀ずつ入れ替え。
Dscn5239
ある朝の風景。あれ?いるはずのチビータがいない。
左側のこんもりとした小山。どうももぐっているらしい。

Dscn5280
これはまた別の日のショットですが一晩ここで過ごしている
ようです。朝目覚めたのか、顔を出しました。

Dscn5282
一晩マットにもぐって過ごしてのどが渇いていたのでしょうか?

Dscn5283
ザブンと着水。ゴキュゴキュと水を飲んでいました。どうも
甲羅になにかかぶっていると落ち着くみたいです。

Dscn5248
朝1で干すうちこ。気持ちよさそうに足をのばしてすでに
まったり。幸せそうです。

Dscn5253
「出してよ」と訴えるセキ。

Dscn5255
得意の張り付き立っち。

Dscn5247
脱皮ひろひろののんも。最近面白いことに気が付きました。
ベランダ組の使っていた水槽が空くのでのんもを120cm
水槽に入れていたのですが、夜電気を消して真夜中、
ガタガタ、ゴトゴト陸場に上がってなにやらうるさい。

こんな夜中になにを訴えているのでしょう?外で遊びたいのか
と思い部屋に放して遊ぶこと数分、もう満足しただろうと
水槽に戻し5分後・・・・・・・・・

再びゴトゴトがはじまりまた部屋に放す→水槽に戻す→再度ゴトゴト

うーん( ̄Д ̄;;いったいどうしたいんだ??
あまりにしつこいのでこれは絶対何かを訴えているに違いないと。
のんも、何?どうしたいの?

しばしうーんと考えて・・もしかしたら・・・・・
いつもの自分の家60cm水槽に戻りたいのかも。
というわけで夜中にバケツに水を汲み運ぶこと数回。
のんもを戻してみました。
すると・・・・・・・・・

しーん・・・・・・・・・静かです。すっかり落ち着いてどうやら
眠った様子。なるほどなあ~狭いながらも
楽しい我が家なんでしょうね。こんな様子をみて亀もやっぱり
自分のうちという認識があるのだなあと思いました。

あ、アカミミたちの画像がないことに気が付きました。
まあいいや。彼らはこの次にアップしましょう~~happy01

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

クサガメチャーム

今日はとってもいいお天気。洗濯物もぱりっと乾いて気持ちいい。
こんた(だんな)が昨日からオフ会で東京に遊びにいって
しまったので、私は勝手気ままにぐうたら三昧です。って
いつもか・・・

朝からカメズの水換え、洗濯、掃除。そして昨日から
作り始めたものが・・・

いつも楽しく拝見させていただいているブログ
「クサガメと一緒に」のtammyさんよりとっても素敵な
アイディアをいただきました。

それは・・・「亀のチャーム」!おお!!チャーム!
そうか、チャームか!それは思いつかなかったなあ~
tammyさん、ありがとー!!
というわけで、もういてもたっても?いられなくなりさっそく
作りはじめました。昨日1点、今日もう1点です。

こんな感じです。

Dscn5226
自分のバッグにつけてみました。これはまだ試作品なので
うーん、バランスが、前のめり。吊るす位置を変えなくては。

Dscn5232
もう1点がこちら。

Dscn5234
こんな感じでクサガメに合わせてチェーンも渋く金古美に。

Dscn5237
アップにしてみました。この画像では全然わからないですけど
こちらはチェーンステッチで作りました。

Dscn5238
こちらはアウトラインステッチ。アウトラインステッチだと
出来あがりがシャープな感じ。でも、クサガメの
のぼ~んとした感じをだすにはチェーンステッチの方が
しっくりきます。
今回仕上げにアクリル絵の具で陰影をつけました。
これ作るの面白い。ハマるな・・私。( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

泳ぐ亀

雨が降ったりやんだり晴れたとおもったら曇ったり。
名古屋は変な天気が続いていました。
今朝、今年一番の蝉の声を聞きました。
毎年7月の10日前後に鳴きはじめます。
この声を聞くとああ、本格的な夏がはじまるんだなあ~と
しみじみと思います。さて更新久しぶりです。
なんだかんだしてるうちにあっという間に1週間が過ぎてしまいました。

さて、我が家では夏の間はベランダ亀の家が始動しておりまして、
3亀づつローテーションを組んで代わりばんこに
入れ替えています。
今はチモシー、ダイスケ、うちこがお外組。
当然室内の水槽は3個、主おらず状態。
なのでいつも60cm水槽にいるセキとのんもを120cmか90cm水槽に
入れてやります。これは120cm水槽にいるセキ。

Dscn5206
セ「あ、きなこだ」
私が水槽を覗き込むと寄ってきました。

Dscn5207
セ「ねえねえ、僕と遊んでくれるの?」
期待に満ちた目。

Dscn5210
き「うーん、遊びたいけどいろいろと忙しいのよ~もうちょっと
後でね」

セ「ええー!!そんなぁー!!」
チャパチャパと泳いで追っかけてきました。

Dscn5212_2
セ「きなこ、どこ行くんだよー」
私が動くと方向転換してさらに追っかけてきました。

Dscn5214
セ「お願いですから僕と遊んでくださいなー」

Dscn5215
いや~泳ぐ泳ぐ。水槽の端から端まで行ったり来たり、
チャパチャパと上手に泳いでいます。イシガメって結構泳ぎ上手。

Dscn5216_2
期待に満ちた目にとうとう根負けして外に出してあげました。
このあとは私によじ登って張り付いて、お手手ちょいちょいで
遊んだり追っかけっこしたり(私が歩くと後をついてきます)

まっ、いいか。部屋がゲロゲロでも、セキと遊ぶ方が楽しいもんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お知らせです。7月12日に東京亀戸にて開催される
はねかめまつりに「shop kame」さんのご厚意により
カメロク屋の一部商品を置いていただけることになりました。
yukatti様、ありがとうございます。
蓑カメ、まめぽんたちが行きます。

そこで今回漢字シリーズを作ってみました。

Dscn5218
漢字ってなんかいいですね~。文字そのものに意味があって
漢字の持つパワー?のようなものを感じます。 o(*^▽^*)o

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »