« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

大晦日は雪

今日で2010年も終わりですね。東海地方は雪。
初雪でしょうか?人も亀も自宅でおこもり。炬燵と
エアコンでぬくぬく過ごしています。

イシガメのうちこ、産卵モード全開になってきました。
昨日から外に出たがりホリホリを始めました。
いくらエアコンをつけているからといっても部屋は
場所によって温度差があるので油断はできません。

うちこは炬燵の中でホリホリをしています。
暑くなり過ぎないようにこちらもときどき布団を
めくって様子見しながらです。

Dscn7462
う「あったかくてここがお気に入りなの」

Dscn7461
大きな卵が3個おなかに入っています。
(レントゲンで確認済み)
正月産卵になるかも~~( ̄▽ ̄)

うちこの水槽の置き場所を移動してから
1部屋は亀部屋と化しました。

Dscn7465
亀の様子がいつでもチェックできるように私は布団をここに
もちこみ隅っこで寝ています。
夜間はタオルケットや毛布を水槽にかぶせています。

Dscn7471
窓の外は雪。民家の屋根にもうっすらと積もっています。

Dscn7467
さてこれは??なんでしょう??

Dscn7469
めくってみると・・・土鍋。中は黒豆です。保温調理をして
いるので夜までこのまま放置です。

今年の晦日は自宅ですごします。夕方こんたとふたりで
近くの指圧マッサージに行ってその後食材とビールを買って
夜は紅白をみながらのんびりと過ごす予定です。
年賀状は今から書きます。←まいどのことながら遅い・・・

今年1年を振り返ってみるとあっと言う間で瞬きをしたぐらいの
早さでした。
いいことも、うれしいこともたくさんありました。
それと同時に悲しいこと、つらいこともたくさんありました。

結局プラスマイナスゼロなのかな・・・・
でも、起こることにはすべて意味があると私は思っていますから
そこからなにを学び何に気付くかが大切なんだと。

グッズ制作を始めて2年、多くの皆様に支えられて
ここまでやってこれました。皆様本当にありがとうございます。
こころよりお礼申し上げます。
これからもかわいい亀を生み出すべく頑張りますね!
今後ともカメロク屋をよろしくお願いいたします。

ブログを通じて皆様と交流の場をもつことができたことは
私にとって財産です。皆様ありがとうございます。
こころより感謝しております。

皆様、皆亀様にとって来年がすばらしい年でありますように。

皆様と皆亀様の健康と幸せを祈ります。
よいお年をお迎えください。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

近況

お久しぶりです。あっつー間に年末突入ですね。
メリークリスマス!ですが・・我が家はいつもの
日常どおり。
私は亀の保温対策にあれこれ試行錯誤をしています。

昨年からエアコンで室内の温度を管理してきましたが
場所によってかなりの温度差があることが判明。
特に亀たちが這いまわる床は思った以上に寒い。

エアコンをいれてあるから大丈夫と過信するのは
ダメだと気がつきました。
フローリングの床はとくに冷えるのでうちこの水槽の
置き場所を畳の上に絨毯が敷いてある場所に移動しました。

獣医さんの勧めもあり最低最高温度計も購入しました。
Dscn7453
水槽内と水槽外の一日の最高と最低の温度が計測できます。
冬の間の日中は水槽の半分に蓋をして温かい空気が逃げないように
していますが、バスキングライトが点灯すると陸場以外の
水槽内の温度も上昇。
ホットスポットを設置する以外にも、空気を暖める意味でも
ライトの設置は重要だとあらためて思いました。
水温が高くても吸う空気が冷たければ亀の体は冷えると
いうことですもんね。

Dscn7454
こちらは愛用の温度計。湿度も同時に計れるので便利。
亀たちが這いまわる床の温度を計っています。

Dscn7452
コードレスの水温計。ダイスケ付き。(ウソウソ)(^-^;
ダイスケはついてませんが、これは便利です。ただでさえ
コード類が多いので。

1カ月ほど前に改善した大亀たちのスロープ。
すっかりお気に入りになったようでチモシーもバスキングに
上がってくるようになりました。
今年、甲羅の脱皮がうまくいかなかったのはバスキング
不足のせいだった可能性もあるかもしれません。

Dscn7431
なぜかこの位置が定位置。

Dscn7428
チモシー、気に入ってくれてうれしいよ。

チ「だってレンガは上りにくかったのよ。これだとスススーって
上がってこれるのよ」

それにしても肉厚。

Dscn7432
こちらはチビータ。でろーん。プ二。

Dscn7437
セキ。「ごはんはまだですか?」

Dscn7440
産卵モードのうちこ。

Dscn7447
デジカメに興奮ぎみののんも。落ち着けー。

Dscn7455
最近買ってみた新しいフード。セラレプタイルフード肉食用

Dscn7456
結構粒がでかい。のんもやセキには手で割ってやらねば。

しかし、のんもとチモシーは食べたけど他の子はぐちゃぐちゃに
しただけだった・・・・・・・・

Dscn7457
エーハイムのヨコエビ。ガマルスと同じ。
これはみんなよく食べます。

保温対策その②ですが、我が家はブラインドを使用しているので
カーテンを作りました。
といっても厚地の布をつるしているだけなんですけど。
窓ぎわには発泡スチロールの板をおいて冷たい空気を
シャットアウト。古い団地なので機密性があまりよくないんです。

ホッカぺをつけてみたり(多少空気はあたためられるのだろうか?)
ハロゲンヒーターをつけてみたり。

うーん、でも石油ストーブが一番かもしれない。

夜間は60cm水槽には段ボールの箱をすっぽりと
かぶせてみようかとも思っています。
試行錯誤はまだまだ続きそうです。




| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

カメ展搬入行ってきました

カメ展の搬入に名古屋港水族館に行ってきました。
今日は外仕事があり2時半に終わってその足で
地下鉄に乗り11分で水族館に到着。

でも、雨降ってるし仕事の荷物と展示の荷物で
手いっぱいです。
しかも、展示物に石が2個も入っているので重い・・
根性で運びました。( ̄Д ̄;;

今回立体亀を展示するにあたりどういう風に見せたら
いいのかなあ~とあれこれ考えておりました。
やっぱりこの子たちは沼亀なので水辺の風景に
してみようと。

この間シュミレーションはしてみたのですが
本番用はまだ手つかずのまま・・・
焦って昨日一日かけて作りました。
ジオラマ風にしてみました。これ作るのすっごく楽しい!
小さな異空間が誕生して自分の視点が変わるところが
めちゃめちゃ楽しい。ジオラマにハマりそうです。

Dscn7397
こんな感じになりました。アカミミたちが乗っている岩?の
ように見えるものは実はフラワースクールでつくった花器。
元の花器に粘土を貼りつけてバークチップを埋め込み
デコレーションしたものなんです。思わぬところで再登場。
今回そこにプリザーブドのモスを貼りつけたら岩っぽくなりました。

チビイシとデカクサが乗っているのが重たかった石。
実はこの石は実際にセキが赤ちゃんの頃つかっていたもの
なんです。なので重いけどどうしても使いたかった。

陸場はモスシートとバークチップ、木の枝、プリザの苔、
造花で植物を。水場はアクリルのチップ。100均で
調達しました。

ちょっとここで横道にそれます。~~~~~

チビイシが乗ってるグリーンロック、セキが使っていた石。
これです。↓

Dscn7423
うちへ来てまだ数日のセキ。赤ちゃんの頃。石の上に乗って
います。

Dscn7421
おちび画像その2。写真をデジカメで写してみたのでちょっと
見にくいですね。しっぽこんなに長かったのですねー。

Dscn7420
私の手の上で。97年9月29日でしたからうちへきて二日目

こんなに小さかったのねーと
思わずしみじみとしてしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
で、戻ります。

Dscn7411
角度を変えてもう1枚。全体像です。
私の展示場所の後ろが鏡になっていて裏が写り込み
奥行き感が出てイイ感じ。ラッキー!

Dscn7409
フラッシュ撮影をしたのがこちら
チビクサはわざとひっくり返しています。

これから1か月、多くの方に見ていただけるのが本当に
うれしいです。

これを機会に立体亀ジオラマバージョンを試作してみます。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2010年12月11日 (土)

ご案内~

来る12月14日(火)~1月16日(日)まで
名古屋港水族館にて

干支展「~ウサギのライバルカメの作品展~
手から生まれた亀たち」

というイベントが開催されます。
カメロク屋出展参加いたしますのでご案内申し上げます。

ということで、ただ今下準備真っ最中です。
今回は立体亀シリーズで行きます。
「水辺に戯れる沼亀たち」というタイトルで
ジオラマ風にレイアウト。これからジオラマを作ります。

Dscn7321
これはシュミレーション。45cm水槽と同じ大きさに竹ひごを
組んでスペースを把握。石、苔、バークチップなどを使って
陸地作り。画面の白い部分が水場になります。ここには
アクリルのかけら敷き詰めて水場にする予定ですが、

あ、チビイシがない・・・・ことに気が付き
これからチビイシ作りも作ります。(^-^;





| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

好きさっ!

うちのアカミミ、ダイスケは陽気でタフないいやつなんですが
ときどきストーカーと化します。
オスメスかまわず追いかけまわし
付きまとわれたセキなんかはすごーく迷惑そうです。

しかし、クロクサののんもだけは苦手なようで
のんもを見ると遠回りをしてあきらかに避けています。
一度のんもに噛みつかれたことがあってそれ以来
のんもは天敵?のようです。

しかし・・・・・
アカミミよりも強いクロクサという図もなんだか・・( ̄Д ̄;;

そんなダイスケなのでなるべく他の亀と遭遇しないように
水換え中も別室にて隔離待機。
でもこの日はうっかり隙間から出てきてしまいました。
一目散に駆け付けたのはやっぱりチモシーのところ。

メスのアカミミだとちゃんとわかっているんです。

Dscn7307
ダイ「見つけた!アカミミの女の子だ!」
セキが隣でどこ吹く風。

Dscn7308
ダイ「チーちゃん、好きさっheart02

Dscn7309
「好きさ 、好きさ、好きさheart04

Dscn7310
チモシー「あなただあれ??どっかで見たわね」
ダイ「ボクだよ。ダイちゃんだよ。アイシテルよ~heart01

Dscn7311
チモシー「ふーん、そうなの~あたしの好みじゃないわ」
ダイ「ガーン・・・・・・・・・・・・・・・・・」

つれないチモシーにがっくりのダイスケ。
このごろ亀フードを食べません。エビや糸ミミズ、バナナ
その他おいしいものはぱくぱく食べています。
要はグルメや。

そこでなんとか亀フードを食べさせたくて亀団子に
一工夫。

Dscn7255
エビまぶし。乾蝦を粉々にして団子にまぶしピンセットで
口元まで持っていってやると「あーん、ぱくっ」と食べる。

水底に沈んでいるのはムシする。エビ効果がなくなるからか?
でもあーんするのがかわいくて~
それにあいた口の中をチェックする絶好の機会だし。

亀の口腔内って健康チェックのポイント高しです。
マウスロットできてないか、粘膜が腫れてないか
すかさず見る。「あーんして」って言って「あーん」って
開いたらめっちゃかわいいだろうなあ~

Dscn7256_2
ときどき布団にもぐってぐうぐう寝てる。いいやつだなあ~
つくづくかわいい坊主だ。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

お知らせです

先日制作したミニ注連縄ですがジブリールさんのサイトに
アップされました。

またセミオーダーの注連縄もジブリールさんにてご注文を
賜っております。
亀の色、花の種類、アクセサリーをチョイスしていただき
お好みの注連縄をお作りいたします。
ご興味のある方はぜひご覧になって下さいませ。

亀グッズ・ジブリール←こちらをクリック


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »