« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月27日 (金)

事件は起きた

今日もくそ暑いですね。おととい大変な事件が
勃発してしまいました。

その日朝1でベランダカメの家にのんも、チビータ、ダイスケを
放し、私は家事にいそしんでおりました。
お昼御飯を食べて、ベランダのカメの様子を見に行きました。

ふと見ると、チビータのトロ舟に赤黒いものが見えたので
てっきりうんPだと思って網を手に近づきました。

あれ??なにこれ?
ドス赤黒い血の塊のようなものがぷかぷか浮いている!!
ぎゃーーーーーーーアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

もう、真っ青でチビータが大けがして出血したのかと
チビータを掬いあげてひっくりかえして見てまましたが
どこにも怪我はありません。

えっ!?その時目に飛び込んできたものは。。。。

Dscn8611
これ。割れた水温計。
あたりは変な匂いが漂っている。そう。灯油のにおい。

あのドス赤黒い塊は中に入っていた赤い液体。

そく、チビータを連れてお風呂場に。よーく洗って室内の
水槽に戻しました。

トロ舟の底には割れたガラスのかけらが散乱しています。
あああ。もしこれを誤って飲み込んでいたりしたら
どうしよう?
それにあの赤い液体、亀の身体に悪影響はないのだろうか?
中毒の可能性はあるのだろうか?
もう心配で心配でパニックです。

迂闊でした。。。
ガラス水温は大カメには破壊される可能性があるのに
撤去し忘れた自分を呪いたい気分。
噛みついて割ったのか、甲羅でゴンッとあてて割ったのかは不明です。

オロオロしてても仕方ないのでお世話になっている獣医さんに
問い合わせてみました。
温度系は水銀温度計とアルコール温度計の2種類あるそうで
水銀の場合は中毒の処置が必要とのこと。
幸い壊れた水温計は水銀温度計ではありませんでした。


口腔内に傷がなければ様子を見てもらってかまわないとの
お返事をいただきちょっと落ち着きました。

あの赤い液体は色をつけた灯油なんですって。
知らなかった。。。。。。

どうりで灯油の匂いが充満してたもの。
その後餌でチビータをつって大口を開けさせて中を観察しましたが
大丈夫なようです。ご飯もバクバク食べてけろっと元気しています。

でも油断できないのでここしばらくはまめに観察して
すこしでもおかしかったら即、獣医さんへ連れていこうと
思っています。

Dscn8612
Dscn8614
Dscn8622
ごめんよ。チビータ。バカな飼い主でごめんよ。
ガラスは危ないからデジタル水温計に換えたのに
ベランダ分まで用意してなかったからつい、水温計るのに
ガラス製を使ってしまった。ちゃんと私が撤去すれば
問題なかったのに。。。。。

へこみます。

教訓。肝に銘じよう。
大反省した飼い主でした。
その後ベランダのトロ舟をはずしお風呂場で洗って設置しなおしました。

Dscn8619
「きなこ、気をつけろよ。」byのんも

Dscn8626
なこ。

Dscn8627
赤ん坊の面影はどこへ??

Dscn8629
もうすっかり若亀さんです。8月12日で1年です。


| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

ありがとうございました(名古屋KDS)

カメ de show in 名古屋港無事終了いたしました。

ご来店くださいました皆様、主催のあこ様、
ご一緒させていただきました作家の皆様、スタッフの皆様
応援いただきました皆様、誠にありがとうございました。

心より厚くお礼申しあげます。

新しいカメグッズを生み出すべくこれからもより一層
がんばります。今後とも「カメロク屋」をどうぞよろしく
お願いいたします。

いや~~楽しかったです。
イベントはやはり楽しい。
制作中はあれこれ大変な時もあるけれど
そんなことは一気に吹き飛んでしまう。
さあ、次もがんばるぞ!っとテンションも一気に上がる。

私にとってまさにライヴ。やりがいがあって
こういうことが本当に好きで心底愛していると感じる。

というわけでテンションアゲアゲなワタクシでございますが
さすがに今日はぐでんぐでんです。
昨夜寝違えたのか左の肩甲骨から首にかけてズキズキと
痛みがあり首が回りません(;д;)
痛てえよ~~~~。

で、ですねえ、昨日私は大ポカをやりました。
デジカメ忘れた。あはははは。(ノ∀`) アチャー

なので写真がありません。すみません。
今回前日21日にディスプレイ用品だけ先に運びました。
その後前日入りしていた作家の皆様と
「黒亀」という名前のお店で前夜祭。
おいしいお料理を食べながら亀話で大いに盛り上がり
めっちゃ楽しかったです。
帰宅後はプライスカードをちまちま書いたり
細々とした残り仕事をやっていました。
あ、でも「嵐にしやがれ」だけはガン見してましたけど。

早く寝ようと布団にはいったのですが
明日寝坊しないかな?とかワクワクとドキドキが入り混じって
妙に頭が冴えて眠れない。
おまけに別のニュースで頭が興奮状態もあり
ダブルで冴え冴え。(嵐くんの国立ライヴ決定)
ううう。行きたいなあー。
チケット抽選はずれたらどうしようもないもんな。
でも申し込みますよ!(゚m゚*)


結局3時間ぐらいうつらうつらしたくらい。
でもイベント前日っていつもこうなんです。
朝9時に会場入りして設置作業も随分慣れてきました。
イベントに参加したばかりの頃は気ばかりが焦って
手際の悪いこと悪いこと。
回数を重ねるたびに落ち着いて作業ができるようになりました。
今回の会場はJETTYという商業施設の2階。
1階には飲食店舗も多数入っていていい匂いが漂ってきましたよ。

「おなかすいたー!!」を連発しながら(^-^;の作業になりました。
11時になりオープンです。

ぶんこさん、親かめたんさんご一家、お友達のMちゃんご一家はじめ
多くの方にご来店いただき本当にうれしかったです。
ありがとうございました。
多くのお客様と亀話で盛り上がり初対面にもかかわらず
旧知の仲のように話せてしまう~そんな素敵なイベントが
これからもずっと続いていきますように。
カメ de show 万歳!

これからも私がんばるよ!(≧m≦)

皆様、本当にありがとうございました。

この次は「ナゴレプ」に出展予定です。





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

KDS 名古屋 いよいよ明日

いよいよ、明日カメ de show in 名古屋港
開催です。

★ 日時 2012年 7月22日(日)
   11:00~18:00(入場は17:30まで)

★ 場所 名古屋港 JETTY WEST 2階

皆様お誘い合わせの上ぜひお出かけ下さい。
お待ちしております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

今日も暑いよ~

毎度、お久しぶりです。更新サボっているきなこです。
ここ数日で暑くなりましたね。

毎年7月10日前後で蝉の声をきくのですが
今年は13日に聞きました。
蝉が鳴き始めるとああ、夏が本格的に始まるんだなって
思います。


亀たちもみんな元気です。
3月下旬から4月の頭にかけて調子を崩して療養中だった
イシガメ、うちこもすっかり元気になりました。
どうも、この子は亀一倍、温度の変化に敏感なようで
喉が腫れて上部器官の炎症から
食欲不振になってしまっていたのです。
なので春先から6月いっぱいまではずっと水槽内の温度を
27~28度にキープした状態で過ごさせていました。
7月に入り気温も上がってきたので通常の状態に戻しました。

ベランダ亀の家も再開

Dscn8594
午前中に水換えをしました。
Dscn8595
プラ段で仕切って3つのケースを並べています。

Dscn8592
さっそくうちこがバスキングをはじめていました。

Dscn8605
うちこのこんな様子を見ていると本当にしあわせ。


Dscn8606
写真を撮っていたら近づいてきましたよ。
ああああああああ。かわいいなああああああ。
うちの7亀の中で一番デリケートな子です。
いっぱい食べていっぱいうんPしていっぱいおひさま浴びて
おくれ。

うちこが元気でいてくれることがなによりの幸せだよ。
もう、この子がかわいくてかわいくて仕方ありません。

Dscn8597
うちこのお隣はアカミミのチモシー。
このブログにも登場回数が少ないチモシー。
もうすぐ脱皮するようで甲羅が浮きかけています。

Dscn8610
あたしってどちらかといえば孤高を保ってるから
あまり出てこないけど、マイペースで暮らしてるわ。
ベランダで干すの大好きよ。おひさまって気持ちいいもの。

Dscn8593
陸場の下でこそっとひそんでいるセキ。

Dscn8596
ボケボケ画像だあー。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、家中の掃除始めました。先日テレビを見ていたら
お掃除カウンセラーをやっている人の特集が。

それを見ていたら「マジ、私 やばい」( ̄◆ ̄;)

ここ最近あまりにも雑然とし過ぎてきて荒れ放題。
物であふれかえっている。

これなんとかしなくっちゃ~という思いはずっとあって。
で、決心(大げさ)して始めてみたらまあ、
いらない物だらけでして、それを捨てたら
外に散乱していた物が全部収納できた。
うわーすっきり!!
いやー、気分爽快。

煮詰まってきたら「掃除をする」とリフレッシュできることに
気がつきました。

もともと整理整頓って苦手なタイプだからな私。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »