« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

あれから

セキが旅立ってから2週間、

どうしようもなく私はポンコツで使い物にならない。


休日に家に一人でいるのが辛くて少しは気がまぎれるかと
映画を見に行ったり、ダンスレッスンに行ったりしてみた。

だけど、悲しさやさみしさは変わらない。
無理に外にでかけても何も変わらない。

ペットロス関係の書籍も数冊読んでみた。
だけど、何も変わらない。
心が軽くなることはなかった。


今はただじっと、悲しみの海に溺れてる。
泣くなと言っても無理だ。

セキの世話をしていたと思っていたけど逆だ。
私の方があの子に支えていてもらってたんだ。

セキは亀だ。
亀だったけど別の魂も入っていたのではないかとも思う。
我々の間には確かに特別な感情が存在していた。

本当に濃密な珠玉の日々だった。
私はこの日々を魂に刻みつけて、いつかあちら側に旅立つときに
これを持っていこうと思う。





暗くてすみません。
でも今の気持ちをアウトプットしないと自分がつぶれてしまいそうで。
日々があっという間に流れていきます。
毎日わけがわからないままに。
なにもできない。集中力がありません。

無理に笑おうとは思わない。
悲しいままに、涙が止まらないなら流れるままにしておこうと。
当分の間、ポンコツの私だけど今はそれでいいかなと。


多くの方からあたたかい言葉をかけていただき本当に
ありがとうございました。
皆様の優しさが身にしみました。











| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

ありがとう

皆様、とても悲しいお知らせをしなくてはならなくなりました。

イシガメのセキが昨日息を引き取りました。

年末に入院していた家族はセキでした。
秋の終わりごろに上部気道の炎症から肺炎になり
肺炎はすぐに治ったのですが、
その時に嘴の付け根に口内炎のようなものができ、
そこに細菌感染がおき広がってしまったのです。


嘴が感染源なので薬の効き目が弱く(爪と同じ成分で血液の流れがないため)
なかなか、完治しづらいという状況でした。

嘴の付け根なので患部を削ってしまうと嘴がとれてしまう可能性もあって
なんとか嘴を温存する方向で治療をしていました。

5日に面会に行った時はもう少ししたら自宅で投薬しながら治療できるという
ところまでになったので私もそれを待っていました。

しかしながらその後、腎臓の機能が急激に低下してしまい
あの子は旅立ってしまいました。

今朝、獣医さんから電話があり、午後、主人と一緒に向かえに行きます。

20年と3カ月。ずっと私の傍にいてくれた。
私はしあわせでした。

セキからはかりしれない尊いものをもらいました。
あの子は私の命でした。

人間の子どもを持たないという選択をした私を
母にしてくれたのはセキでした。

人も動物も命あるものはいつか死を迎える。
それはわかっている。
もし、亀たちを残して私が先に死ぬようなことがあれば
そんなのは絶対いやだ。
この子たちを見送ってから私は死にたいと思っていた。

だけど、やはりつらい。
セキのいない現実を受け入れていくには時間がかかる。
今はまだ気持ちの整理がつかず、どうしていいのかわからないでいます。

セキが痛みや苦しみから解放されて旅立てたのだとしたら
それだけがなぐさめです。

セキ、ありがとう。悲しくて悲しくて心がつぶれそうだけど
私はしっかり生きてくよ。
ひとしきり泣いたら立ち直るから。

安心して旅立ってくれ。
ずっと、ずっと愛しているよ。

Dscn0007

みなさま、セキを愛してくれてありがとうございました。
セキになりかわりお礼申し上げます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

ご無沙汰しております

明けましておめでとうございます。

新年の挨拶が遅くなり申し訳ございません。

三が日も過ぎ今日から仕事始めの所もあるでしょう。
皆様お元気にお過ごしのことと思います。
昨年のKDSでは急遽キャンセルということでご迷惑をおかけしました。
その分、今年のKDSではパワーアップして戻りたいと思います。


さて、昨年末に入院した家族ですが
回復に時間がかかりこのお正月も病院で過ごしました。
退院のメドはたっていません。

普通に生活はしています。
仕事に行って、家事をして。

だけど。。。。

何をしていてもどこにいても心が晴れることはなくて
先の見えないこの状態にトンネルの中にいるような気持です。
この現実に踏ん張って立っているのがやっとです。

正月早々暗い話でごめんなさいね。
早くよい報告ができるといいのですが。

私自身がへばってしまっては元も子もないので
自分の健康には留意して日々を過ごしていこうと思っています。








みなさまの健康と幸せを祈っています。
本年がよい年でありますように。


きなこ








| | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »