« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年4月

2016年4月15日 (金)

夢で逢えたね。

皆さま、ご無沙汰しております。

九州にお住まいの皆さま、大丈夫でしょうか?
余震も心配です。
どうかお気をつけてお過ごしください。


桜の花も咲き終わって葉桜の新緑が綺麗な季節になりました。
私も亀たちも元気です。

早いものでセキが旅立ってから3か月。
やっと平常心を取り戻し、自分の周りもあれこれ動き出して
毎日忙しく過ごしています。


先日4月9日、月命日に花と線香をたむけ
セキに語りかけました。

セキ、あちらの世界で元気にしてるかい?
チビ姐さん、チモシ姉さん、ダイスケ兄ちゃん、
弟ののんも、妹のうちこ、末っ子のなこも
みんな元気だよ。


きなこも元気。
もう大丈夫だから、心配しないで。
いっぱい泣いたけどさ、前向いて生きてるから。
6亀守っていきてるから。って。


語りかけながらおいおい泣いて、ひとしきり泣いたらまた
前向いて。
そうして一日、一日を過ごしていくことがあの子に対しての
最大の供養になるのかな。。。。


昨日14日、明け方夢をみました。
あまりにも鮮明だったので思わず夜勤中のこんたに
電話で報告しました。

夢の中で私はセキを抱いています。
一度死んだのだけどなぜか生き返って
でもやはりダメでもう長くないことがわかっています。

ものすごく悲しいという感情ではなく
淡々とその事実を受け止めている。そんな感じです。


すると抱いていたセキが動きだして、放してくれと言う。
もちろんテレパシーのようなもでそれがわかるのですが。

セキがただずまいを直し、本当に改まった感じで
まるでお嫁にいく前に両親に挨拶するみたいに
私の正面にまわり、しっかりと
私の目を見て


「きなこ、3年間ありがとう」って。



それはそれはかわいらしい声でそう言った。


なんで、3年?おい、セキ20年じゃんかよ。
って目が覚めてから突っ込んだけどさ、
夢の中ではスンナリ受け止めていた。
あれ?3か月って言ったのかな?


その後、苦しそうな様子を見せたので
神様、お願いです。この子がこれ以上苦しむことなく
旅立っていけますようにって
私は祈っていました。


そしてセキに

「セキ、もういいよ。もう旅立っていいからね」

そう伝えるとセキは私を見てそっと目を閉じた。
そしてシュッと静かに首をひっこめた。





そこで目が覚めました。
セキが私にありがとうって言ってくれたことがうれしくて。
同時になんであんな苦しそうな姿みせたんだろう?って
あれこれ考えました。


でもわかった。


一つだけ、心残りなことがあった。
それはセキの最後を看取ってやれなかったことです。


セキも私に看取ってほしかったんだなって。

だから夢の中で我々はその心残りを叶えることができた。
お互いに望んでいたことを追体験したんだなって。


「きなこ、ありがとう」って言ったセキのあの目を
あの姿を私は一生忘れない。



初めて聞いたあのかわいらしい声も。


悲しいよ。やっぱり悲しいよ。
でも、魂はこうしてつながっている。


我々の間に存在した愛情は未来永劫消えることはない。
あの子に出会えて本当によかった。


そう思えた出来事でした。


昨日の夢を思い出すと涙が止まらなくなって
今日はほぼ一日泣いてたな。
目、ポンポンに腫れてるわ。


皆さま、いろいろとご心配をおかけしました。
あたたかいお気遣いありがとう。


もう大丈夫なのでいつかセキのことを語りたいです。
あの子は、ああだった、こうだったって
思い出を語りセキを偲びたいです。









話は変わって、先日4月3日、
KAT-TUNのライヴ、ナゴヤドームに行ってきました。
もうテンションメーター振り切れた!


カッコよすぎで痺れたぜ!!(*≧m≦*)
亀梨君、テレビで見るのと印象違ってた。
めっちゃ、かわいい。
こんなにチャーミングな人なんだってびっくりしました。


中丸君はテレビで見るよりも数倍イケメンだった。
じわじわ来るイケメン。


上田君はテレビで見たまんま。
ハイパーかっこよかった!!


ジュニアもバックダンサーもつけずに3人だけでドームを制していた。
すっごい気迫とオーラに圧倒されました。


この次は大阪ドーム。20日に行きます!
5月1日は東京ドームに行きます。



それと前回、嵐のアリーナツアー当たったら万々歳って書いたけど

なんと!!!!

当たった。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
まさかの。しかも第三希望なんて絶対当たらないって~~~っと
言ってたその第三希望で当たった。

本当にたまげた。

もしかしてさ、セキ、天国でなにかやったんじゃないの?


なので8月、夏に長野Mウェーブに行ってきます。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »