セキの生活

2016年1月 9日 (土)

ありがとう

皆様、とても悲しいお知らせをしなくてはならなくなりました。

イシガメのセキが昨日息を引き取りました。

年末に入院していた家族はセキでした。
秋の終わりごろに上部気道の炎症から肺炎になり
肺炎はすぐに治ったのですが、
その時に嘴の付け根に口内炎のようなものができ、
そこに細菌感染がおき広がってしまったのです。


嘴が感染源なので薬の効き目が弱く(爪と同じ成分で血液の流れがないため)
なかなか、完治しづらいという状況でした。

嘴の付け根なので患部を削ってしまうと嘴がとれてしまう可能性もあって
なんとか嘴を温存する方向で治療をしていました。

5日に面会に行った時はもう少ししたら自宅で投薬しながら治療できるという
ところまでになったので私もそれを待っていました。

しかしながらその後、腎臓の機能が急激に低下してしまい
あの子は旅立ってしまいました。

今朝、獣医さんから電話があり、午後、主人と一緒に向かえに行きます。

20年と3カ月。ずっと私の傍にいてくれた。
私はしあわせでした。

セキからはかりしれない尊いものをもらいました。
あの子は私の命でした。

人間の子どもを持たないという選択をした私を
母にしてくれたのはセキでした。

人も動物も命あるものはいつか死を迎える。
それはわかっている。
もし、亀たちを残して私が先に死ぬようなことがあれば
そんなのは絶対いやだ。
この子たちを見送ってから私は死にたいと思っていた。

だけど、やはりつらい。
セキのいない現実を受け入れていくには時間がかかる。
今はまだ気持ちの整理がつかず、どうしていいのかわからないでいます。

セキが痛みや苦しみから解放されて旅立てたのだとしたら
それだけがなぐさめです。

セキ、ありがとう。悲しくて悲しくて心がつぶれそうだけど
私はしっかり生きてくよ。
ひとしきり泣いたら立ち直るから。

安心して旅立ってくれ。
ずっと、ずっと愛しているよ。

Dscn0007

みなさま、セキを愛してくれてありがとうございました。
セキになりかわりお礼申し上げます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

セキ

蒸し暑い日々が続きます。曇りがちでしたが陽もさして
いたので、ベランダのトロ舟の水換え後、カメたちを
放しました。

Dscn6687
セキをレンガの上にそっと置くとしばらく固まってじーっと
しています。水に入ろうか入るまいか?考える亀をしています。

Dscn6688
やがて決心しそろりと水に入っていきました。

Dscn6689
「ちゃぷ~~~~ん」

Dscn6694
でもすぐレンガに寄ってきて上陸しようかするまいか?
再び考える亀になっています。

Dscn6695
「きなこ、そこにいるの?それ、でじかめってやつ?」

き「そうだよ~、カワイイお顔してね」

Dscn6696
「こんなんでどお?」

き「いいよ、セキ、プリチーだよ。」

セキはまったくカメラに動じません。カメラ目線もしてくれるので
写しやすいです。激写しまくっていると
となりのトロ舟から
カタカタと音が・・・

覗いてみるとのんもが上陸していました。

Dscn6702
前足を板にひっかけてちんまりとバスキング。
デジカメ好きなのですぐに気がついて寄ってきました。

Dscn6703
「ちゃぽ~~~~~ん」すぐに入水。お外はやっぱり気持ちいい
ようです。このあと、ゆらーん、ゆらーんと泳いでいました。

しばらくのんもの様子を見ていました。セキは?と見ると

Dscn6706
「こっそり」ってかんじで縁に手をかけてくつろいでいました。
が、すぐに上陸してきて部屋の中に。

Dscn6683
あーあ。べとべとなんですけど・・・

Dscn6684
「歩いているうちに乾くからいいよ」

き「あのー、そういう問題ではないんですけど(^-^;」

さて、もう7月なのに未だにヒーターを設置したまま。まあ
水温が高いので作動はしませんが・・・
今日やっと片づけました。

Dscn6707
洗い終わったヒーターをふきふきしていると、上陸してきたセキが
興味津津でやってきました。

Dscn6714
「これなあに?」

き「コードカバーだよ」

Dscn6716
「もしもーしだれかいますかー?」

なぜにこのコードカバーに興味を持つのか?匂いをかいだり
手でちょいちょいしたり、実に不思議。黒いものに興味がある??

Dscn6717
亀ってば、ほんとにおもしろい。

Dscn6720
「それは僕のセリフ、そっくりそのまま返すよ」

こんな憎まれ口を返すセキも9月で13年目になります。
この子は本当に不思議な亀です。
亀+他の魂が宿っているのではと思うくらいなついています。
胸元まで駆け上ってくるし、私の跡をついてくるし
意思が通じ合っているなあと思う瞬間がたくさんあります。

この子に出会えてほんとうにしあわせ。私の宝物です。( ̄▽ ̄)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

隙間が好き

今日もいいお天気でした。今日のベランダ組はどの子だっけ~
トロ舟は3つしかないので亀たちローテーションなんですわ。

部屋の中ではわがもの顔で闊歩するセキもトロ舟に出すと
びびって隅っこで固まりぎみです。
あまりにも縮こまっていたので「もうおうちに戻るかい?」と
部屋に入れたのですがまたまた固まってじーっとしています。

んんん??????なんか磯臭い。。。。。。。

あー!!!(゚0゚)やられたー!!
ぶちゅううううとうんP( ̄◆ ̄;)

そんなにこわかったのかい?水槽にもどしたら落ち着いたのか
顔つきがころっと変わる。
僕のうちという感じで安心しきった顔をしています。
このあたりの変化が興味深いですねー。
亀は本当に感情が豊かだと思います。

さて、夜になって飼い主テレビを見ていたのですが
水槽のセキとふと目があいました。こうなったらもう「出して」
ですよ。

Dscn6504
テーブルの下で潜んでいます。

Dscn6505
ぐっとふんばりさてどこを探索?しようかなと考え中。

Dscn6506
引き出しをカリカリ。そりゃ無理だってば。
ぶっとい尻尾は男の子のしるし。

Dscn6509
ここは通り抜けできないとわかったのか別のルートに向かうセキ。

Dscn6510
「みっけーこういう隙間が大好きなんだよね」

Dscn6511
ふんふふん~~~note楽しそうにもぐって行きました。

さて、この間に昨日買ったグッズの写真を撮ろう~っと。

Dscn6512
昨日100均で見つけた亀の水でっぽう。お風呂グッズみたいです。
このころんとしたまあるい甲羅のフォルムがかわいいやんけー。

Dscn6513
横から見てもけっこうかわいい。んー頭のてっぺんの粒粒は
なんだ???

しかーし!!

正面から見ると・・・・・・・

Dscn6516
うっ。この楕円は目?だよなー。ついている位置が違うだろーと
ツッコミを入れたくなる。ちょっと顔はかわいくない・・・・・・
買おうかどうか迷ったけれど甲羅と手足のフォルムに負けて
買った。で、自分で目描いてみました。

Dscn6520
あっ、けっこうかわいくなった!?

しかーし!

正面から見ると・・・・・
Dscn6521
さ、魚????ツートンカラーだし。
一応鼻の穴つけたんだけどなー。なんだかひょうきんで
笑える。まっ、いいか。

ふっと気配を感じて見るともぐっていたセキがいつに間にか
出てきた。

Dscn6517

「きなこ、それなに?」
「一応亀」

Dscn6522
「変なやつ~」と言ってスタスタと立ち去って行きました。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

ふとん巻き

タイトルを見てなんじゃ~???と思われた方多しだと
思います。実はこれは亀の保温対策でして・・・。

他の子はみんな水の中で寝ているのに
なぜかイシガメのセキだけは陸場で寝るんですよ。

なので陸場の保温強化ということでセキの水槽にこの方法を
編み出しました。

Dscn6054
なんじゃ~こりゃ~???というかんじですが(^-^;
ふとん巻きです。水槽が。

Dscn6055
水槽の周りをこたつ布団でぐるりと囲っています。

Dscn6056
布団を取ると100均で買った銀色マットを上からかぶせて
あります。

Dscn6057
銀色マットの下はプラ段ボールで蓋をしてあります。
左側に隙間を作って空気穴を確保。
エアコンは夕方4時~朝までずーっとつけています。
朝までこのふとん巻き状態で、朝起きるとこの蓋をはずして
バスキングライトをセットします。
蓋をはずしてセキの様子を見ると・・・・

Dscn6058
いました。陸場でぼ~~~っとしています。
カメもねぼけまなこです。
おはようセキ、と声をかけるとのそっと動いてやがて
水場に入ってきます。

Dscn6059
水槽越しに私を見てごくごくと水を飲んでやっと目が覚める?

Dscn6064
しばらくぼけ~~っとしていますがどうやらスイッチが入った
ようで目がパチクリと開きました。
「おはよーきなこ。朝のあいさつだね」

Dscn6065
き「おはよー、セキ、今日もいいカメね~」
セ「うん!」
Dscn6060
「今日のごはんはなんですか?」
こんなかんじで1日がスタートします。

この布団巻き、隙間から水槽内に手を
入れてみるとほんわかとかなり暖かくなっています。
空気全体が暖められていいかんじです。
他の子たちは蓋をした上で窓際の水槽は発泡スチロール(3cm厚さ)
を壁面に張り付けています。
蓋があるとないとでは中の空気の温度が全然違います。

エアコンもセキのことがあってから夕方4時(バスキングライトが切れる時間
が4時)につくようにタイマーでセット。
朝までつけています。今年は電気代がかかるだろうなあ~と覚悟を
しておりました。でもカメたちの健康が第一ですから
必要経費、他で節約すればいいや~と思っていました。
で、先日今月の電気代のお知らせがきたのですが
あら?!思ったよりもかかってない・・・・・・
拍子抜けです。
例年くる請求額よりも低いってどーゆーこと?????

思うに昨年まではエアコンをつけていなかったせいで
カメの水中ヒーターがフル稼働していたと。
今年は空気が暖められているせいでヒーターが稼働する
率が減っているようです。100w 150w、200wがそれぞれ
2本づつ計6本、これがフル稼働するよりもエアコンの方が
電気代がかからないんですね~

人もカメも暖かいし断然こっちの方がいいです。
このままあと少し、春がくるまでがんばって乗り切りたいと
おもいます。




| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

僕はフレンドリー

あらら。気がつけばもう10日も更新してなかった。
なんだか日々が過ぎるのがとーっても早い。Σ( ̄ロ ̄lll)
年齢を重ねるごとに加速度がついていくような・・・・

さて先日同僚の結婚式に出席しました。
結婚式はやっぱりいいもんですね~
式の途中で賛美歌を歌いました。賛美歌312番の
「いつくしみ深き~~~note~~」という出だしの曲です。

今まで何回か結婚式でこの賛美歌を歌ったのですが
今回はなぜかこの曲の歌詞がものすごく深く胸に響いて
体の中に浸透してくるような不思議な感覚を覚えました。
神様っていると思う。人智を超えた力というのかな・・
そういうものってあると思う・・・・

さて、カメの話でーす。
ここ2日間暖かでしたね。
朝起きるとまずセキの水槽の覆いをはずします。

夜間はプラ段ボールで蓋をして(空気穴は確保)
水槽の周りにはプチプチシート。さらに100均の銀色マットを
かぶせて保温に努めているのです。
朝7時そっと隙間からのぞくとセキはまだ陸場にいます。
シートをはずし、バスキングライトを設置。
しばらくすると陽がさしてきますので
ブラインドを開けて1日が始まります。
セキもこのころには水に入って水を飲んでいます。

Dscn5970
おはよう~セキ。陸場の下がお気に入りの場所。日中は
ここでくつろいでいることが多いです。

Dscn5971
セ「あ、きなこ、おはよー」
私が指を出すと気がついて奥から出てきました。
チラっと私を見ています。

Dscn5973
き「はーい。セキ。今日もいい亀ね~~」
セ「僕と遊ぶ?」

Dscn5974
奥から出てきてレンガのところまでやってきました。
左手はムズムズ動いてお手手ちょいちょい状態です。

Dscn5984
すかさず指を差し出すとニューっと前足(手)を伸ばし
ハイタッチ。うーんべリキュー(≧∇≦)
かっわいいんだな~~このしぐさが。
指先に触れる掌の感触がまたなんともいえずデレデレです。

うちのイシガメって前足をちょいちょいすること多しです。
うちこもやります。その後水槽の壁面に張り付き立ち上がり
下からじっと私を見上げています。

Dscn5978
じ~~~~っと。ガン見。

Dscn5981
セ「ねえねえ。お外出してよ」

Dscn5976
「ねえってば~」またお手手ちょいちょい。


Dscn5983
ムッハー!一段と身を乗り出してきました。
私が水槽をのぞきこむと必ずお手手ちょいちょいで
反応してくれるセキ。ほんとにフレンドリー。

あーかわいい。(親ばか炸裂)





| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

虹を見たかい?

お寒うございます。昨日は東海地方も初雪が降りました。
朝起きたらうっすらとではありますが雪景色でした。

私は家でおこもりさん状態。ちまちまとグッズを作っています。
さて、セキが退院してからというもの飼い主すっかり
セキべったりになっています。
朝起きるとすぐセキの水槽に貼りつきじーっと眺めて
話しかけています。
今日は日中は晴れて太陽の光が降りそそいできました。

ふと、見るとセキの水槽に光があたり虹ができています。
めちゃめちゃきれいです。

Dscn5843
おはよう、セキ、虹出てるね。

Dscn5842_2
セキが動くとゆらゆらと赤い光になったりします。

Dscn5849
自然のなせる技とはいえちゃんと七色に
分かれているんですね~。

Dscn5846
セキ、虹を見たかい?

Dscn5847
虹ですか?

Dscn5852
どこどこ?どこ?

Dscn5851
下の方だよ~見てごらん。
「なんだかきれいですね」


1週間ぐらい前にやっとおなかの調子が戻ってきました。
あ、セキのおなかです。
退院してからうんPが緩くて色も黄土色でした。
うんPが溶けて水が黄色く濁るほどでそのつど水換えをして
いました。吉村先生にお聞きしたところ
配合飼料を食べるようになれば安定してくるでしょうとのこと。

実はこのころ全然フードを食べなかったのです。
乾燥糸ミミズとボイルした砂肝、まぐろは
ぱくぱく食べてたんですけど・・・・・・・・・・・・・・

これはいかんということで亀団子を手作り。
レプトミンとクレストを粉にしたものと
ボイルしたマグロをほぐし少量の水をいれて練って団子にします。
これなら食べたので少しずつフードの量を多くしていき
おなかをすかせた状態でフードをあげてみたら

すごい勢いで食べます。以前は見向きもしなかった
カメプロスも
完食。やったー(;ω;)うれしい。

それからほどなくしてうんPが固形のしっかりしたものに
変わり、色も以前のようにこげ茶色になりました。
おなかで善玉菌が増えるというカメプロスが効いた?のかな?
やれやれです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飼い主の出来事

先日始めてマンモグラフィーの検診を受けました。
まぁ、そういうお年頃(^-^;なのですわ。
いずれ受けなきゃいけないとはわかっているものの
なかなか足が向かわず、かかりつけのレディスクリニックの
先生から「受けなきゃダメですよ」と。

友人からはあれは痛い、激痛だよと聞いていたので
腰が引けましたが、意を決して行ってきましたよ。

結果、私の場合そんなに痛くなかった。
そりゃープレスしますから多少は痛いですが、
検査中も技師さんと冗談いって笑ってました私。
技師さんいわく人によりけりだそうです。

私が死ぬほど苦しかった思いをしたのは胃カメラ。
4年前に経口の胃カメラ検査を受けたのですが
オエオエ地獄で死ぬかと思った。
その1年後再び胃カメラ検査を受ける時は
もう二度とあんな苦しい思いをしたくなかったので
経鼻内視鏡をやっているところで受けました。

鼻の通り道が狭い人は大変かもしれませんが
私の場合はあっけないくらいすんなりで
管が鼻を通過するときにツーンとした感覚がありますが
それもあっという間で、「はい、ここが食道です」と
先生の言葉。多少の違和感はありますが
始めて見る自分の体の中に興味津津で
「へぇ~、胃の中ってこんなふうになっているのね~」と
目が釘づけ。オエオエ感はまったくないし先生と普通に
会話できたし、本当に楽に検査を受けられたのです。

同じ胃カメラ検査でも経口と経鼻では雲泥の差です。
マンモグラフィー検診が憂鬱の種だったのですが
クリアーできてほっとしました。




 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

セキその後

12月2日に帰宅したイシガメのセキのその後の様子です。

帰宅したその日は確認作業をしていました。
水槽の中にはいってもしばらくきょろきょろとして
水槽越しに見えるチビータ姐さんや隣ののんもを
じっと見ていました。
やがて安心したのかぐっすりと寝入っていました。

こんなに爆睡しているセキをみるのは久々です。

Dscn5798
後ろ足がでろ~んと伸びています。
獣医さんにいた10日間、どうやってすごしていたのかな?
我が家に帰ってきたという安堵感からか、疲れたのか
すやすやと寝息をたてていました。
その後ここにもう1枚半丁レンガを敷いてやりました。
そこが気いったようでセキのベッドになりました。

昨日あたりから水槽越しに私の手指をひらひらさせると
それに反応してお手手ちょいちょいをするようになりました。
水換えのとき部屋を暖めた状態で
短時間のみ出してやったのですが、まだ私のことは遠巻きに
見ていてよじのぼったりはしてくれません。

少しさみしいですが、まだ病み上がりだし、セキ自身も
大変だっただろうし、元にもどるまでは時間がかかるかも
と思っていました。
あまり部屋に出さないように、水槽の中ですごさせてくださいと
先生から言われていたので
水槽ごしにセキに話しかけていました。

つらい思いをさせてしまってごめんね
多くの皆さんが心配してくれたんだよ
セキのいない10日間悲しくてつらかったけどこうして
私のところに帰ってきてくれてありがとう
セキのことすごーく好きでアイシテル
ゆっくり休んで元気になっておくれ
セキがいてしあわせだよ
10日間よくがんばったね。立派だったよ。偉かったよ。
などなど。気がつくといつも語りかけていました。

そして今日水換え作業中、バケツに水をくみ出していたら
なんと、私の足に手をかけてよじ登ってきました。

Dscn5799
こころなしか顔つきが変わったような。
目元、口元がゆるんで柔らかくなっている。

いつものあの柔和なくりくりのお目目になっています。

Dscn5800
部屋の中も闊達に歩き回るようになりました。
でもほんの10分ほどですぐ水の中に戻しました。
しばらくしたら陸場にあがってきて出してよアピール。

セキはまだ病気が治ったばかりだからお外で遊ぶのは
もう少し元気になってから。お水にはいりなさい。と
言ったらひたすらじーっと私を見上げていました。

今朝は乾燥糸ミミズとボイルした桜エビをぱくぱく食べました。
セキもやっといつもの日常をとり戻しつつあります。

で、思ったのですが、亀(動物全般)に語りかけることは
絶対無駄ではないと。彼らはちゃんと理解している。

多分、語りかける言葉の波動みたいなものをキャッチして
わかっているんじゃないかと・・・・

ちゃんとわかっているよと目がそう言っているような気が
します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飼い主、今日の出来事

今日は知り合いの方からご注文をいただいていた
プリザーブドフラワーのアレンジメントをお届けに
行ってまいりました。午後に待ち合わせて
お茶を飲みながらたのしくおしゃべり。
私も久々にアレンジ制作できて楽しかったです。

その後もう1件納品に。

で、★お知らせ★で~~す。

納品先は亀グッズジブリールさんです。

立体亀アカミミ、花ぽん、まめ花ぽん、
まめまめ花ぽん携帯ストラップ、餅ぽん、
お菓子な亀たち、ゴスロリ花ぽんなど納品しました。
よろしければまたご覧になってください。




| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

無事帰宅しました

今日はとてもあたたかです。本日午前中にイシガメのセキ
無事帰宅しました。

朝7時に起きて5亀の世話をし、9時に動物病院へ出発です。
車だと40分ぐらいなのですが私は免許もってないので
電車を乗り継いで行きます。3回乗り換えをしなければ
なりませんが、乗り継ぎ時間がうまくいけば1時間と少しで
行けます。

道中、セキ今頃なにやっているのかな?
なーんて考えていました。10時過ぎに到着です。
待合室で少し待って名前を呼ばれ診察室に入ると
診察台の上に夢にまでみたセキの姿が・・・・・・・・・・

思わずこみあげるものがありましたが、
いかん、ここで泣いてはとぐっとこらえました。(ノ_-。)
10日前の肺の写真と現在のもの2枚のレントゲン写真を
見せていただき状態の説明と飼育環境の注意点などを
伺いました。
水温は28度キープ、陸場も同じ温度が望ましいとのこと。
夜間の保温は水槽の7~8割ぐらいに蓋をするといいですよと
アドバイスをいただきました。
一昨日ショップでインフラレッドヒートランプ50Wを購入したので
そのことを話すと、このライトを直接水槽(うちの場合は60cn水槽)に
設置すると今度は逆にサウナ状態になってしまい
よくないとのこと。

このライトを設置するのであれば水槽よりも一回り大きい
小部屋のようなものを作りその部屋の中に水槽が置いてある
という状態で小部屋全体を暖めるためにこのライトを
設置してくださいとのこと。

なるほど~そういうことなんだ~~~と納得。
しかし我が家の場合小部屋状態は難しいので夜間は
蓋をすることにしました。
必ず空気がぬけるようにあきを作って7~8割に
してくださいねとのこと。

お礼を申し上げてセキが寒いといけないので一宮の駅までは
タクシーです。底にホカロンをはさんだタオルをひいて
箱の周りをプチプチシートで覆ったものをエコバッグに入れて
その中にセキを入れたのですが、
爪がプチプチにひっかかりやすく、いきなりガシガシ
よじ登り「出せ」状態です。
セキを縦にしないほうがよいそうなのであせりました。

一宮から名古屋まで電車で15分。あとは自宅までタクシーです。
タクシーの中は陽もあたり温かだったので
持っていた大きな紙袋の底にプチプチシート、エコバッグ
ホカロンをはさんだタオルをひいてわめいていたセキを出して
やりました。ちょっと落ち着いておとなしくしていました。

外の風景はイチョウが黄色く色づきみごとです。
こうしてかたわらにセキがいる・・・・・・
きっと、私はこの光景を一生忘れないだろうなあと・・・


20分ほどで自宅に到着。
ほんのちょっとだけセキを陽のあたる場所にはなすと
きょろきょろと周りをみまわし確認作業をしているようでした。
すぐ水槽にいれたのですが、しばらくは「あれ?あれれ??」って
感じできっといつもの光景を思い出していたのかもしれませんね。

病み上がりなのでそ~っとしておこうとしばらくたってから
マグロのお刺身をボイルしたものをあげてみたら
食べましたよ!少し残しましたが食べてくれたのでほっとしました。

Dscn5793

Dscn5795

Dscn5797
セ「みなさん、心配かけてごめんなさい。僕だよ。セキちゃんだよ
いっぱいお祈りしてくれて、お守り送ってくれたりほんとうに
ありがとう。もう大丈夫だよ~。今日きなこといっしょに
帰ってきたよ」

ちょっと痩せたかな(あたりまえだよね~)これからたくさん食べて
もとに戻ってほしいです。

ああ、しあわせ。セキがいる。水槽の中にセキがいる。
神様ありがとう・・・・吉村先生ありがとう・・・皆様ありがとう・・・



| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

明日退院します

皆様にご心配いただきましたイシガメのセキですが
お陰様で回復に向かい明日水曜日に
退院が決まりました。

生命の危機を脱して回復に向ってくれたこと、
本当にうれしい思いでいっぱいです。
吉村先生が手を尽くしてくださったこと、
セキ自身の生きる力、そして多くの皆様のあたたかい
お気持ち、そのすべてが合わさってセキの命を
救ってくださったのだと思います。

私自身も亀たちの健康管理を含め自分の生活全般を
見直し、基本的な生活をしっかりした上でグッズ製作を
していくべきだと、猛反省しました。
振り返ってみると著しくバランスが崩れていた生活を
続けていました。

昨日ショップで夜間の保温ライト、湿度&温度計も買ってきました。
セキのいない10日間は本当に悲しくて
主のいなくなった水槽を見るたびに胸ふさがる思いでした。

明日朝1で獣医さんに迎えにいきます。
セキは私のことを覚えているかな?

ちょっとドキドキします。「あんただれ?」っていわれたら
どうしよう~~(^-^;
でもいい。こうしてセキの命が助かったことそれだけで
十分です。
あたりまえに亀たちがいる生活、
それがどんなに尊いことなのかしみじみとかみしめています。

皆様、本当にありがとうございました。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

ご心配をおかけしました

皆様、大変ご心配をおかけしました。体調を崩し
入院しておりましたイシガメのセキですが
少しづつ快方に向かい元気を取り戻しつつあると
本日獣医さんから伺いました。

この1週間、私は生きたここちがしませんでした。
23日月曜日に再び獣医さんに駆け込んだときは
かなり弱っていて命の危険もありうるとのことを聞き
私は茫然自失で目の前が真っ暗になり絶望の淵に
落ち込んでしまいました。

1分1秒が過ぎていくことがつらくて苦しくてたまりません。
セキのことを思うと胸が張り裂けそうで
心臓が締め付けられるように痛くてたまりません。
なにも手につかないし、食べられないし、眠れない。
私にできることはただ祈ることだけです。

毎日泣いてばかりで25日水曜日に獣医さんに電話を
入れることになっていましたが、
その電話をすることがこわくてこわくてしかたありませんでした。
私はセキの親ですから、どんな状況にあろうとも
受け止めるしかないと思い覚悟をきめてダイヤルしました。

先生から「セキちゃん、随分元気になりましたよ」と
聞いたときは涙が止まりませんでした。
「薬にも反応があるし、水底を這いまわるまでに回復は
していますが、まだ自力でごはんは食べられないので
もう少しこのまま様子をみましょう」とのこと。

希望の光がみえてきましたが、手放しで喜べる状況では
ありませんが、崖っぷちからは少し離れることができました。
あの子が一生懸命頑張っているのだから私も自分を
立て直さなくてはと、まずは食事をとることから始め
早めに寝るようにこころがけ、自分自身の回復が
セキの回復につながるような気がして・・・・・・・
「セキ、私も一生懸命たべるからおまえもご飯食べておくれ」と
祈り、泣きながらごはん食べてました。

木、金、土と3日間がすぎその間獣医さんからは連絡が
なかったのできっと快方に向かっていると信じ
本日昼過ぎに再び電話を入れたところ
「元気になりましたよ、ご飯も食べられるようになりました。
レントゲンの結果、肺もきれいになりました」と聞いた時には
再び涙、涙です。
「痰と鼻水がひどくて嗅覚がマヒしていたこともご飯をたべない
原因だった」とのこと。

セキがこんなふうになってしまったことの原因は寒暖の差が
激しすぎたことでした。11月にはいり気温がガクンと下がった日があり
こんたのパソコン机の下がお気に入りでそこでよく寝ていたのですが
その場所がきっと寒すぎたのでしょう。
体調を崩し細菌が感染して重篤な肺炎を併発してしまいました。
本当に迂闊でした。忙しさにまぎれちゃんと管理できなかった
すべては飼い主である私の責任です。
セキをこんなつらい目に合わせてしまったこと申し訳ない思いで
いっぱいです。

私が亀グッズを作っていけるのもカメたちの健康と幸せが
あってこそです。その上に成り立っているものなのです。
何が一番大切なのか身にしみてわかりました。
そして生きているということはたえまない奇跡の連続で
成り立っているのだということも。

皆様、本当にご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
取り急ぎ状況をお伝えいたします。


コメントをくださったジブリール様、げっちゅう様、空様、まる様、
親かめたん様、ふる様、うめ子様、カメジェンヌ様、
かめ亀大好きママ様、
電話で励ましてくださったtammy様、doshi様、
メールをくださったkameco様、
セキのためにお守りを送ってくださったRn様、
皆様本当にありがとうございました。このつらい日々の中
皆様からのあたたかいお言葉にどれだけ慰められたことでしょう。
こころよりお礼申し上げます。

また今回KDS不参加ということでご迷惑をおかけしましたことを
心よりお詫び申し上げます。

愛知県一宮市の「よしむら動物病院」の吉村友秀先生には
どうやってお礼を申し上げてよいのかわかりません。
セキの命を救ってくださったこと深く深く感謝申し上げる次第です。
本当にありがとうございました。


| | コメント (24) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧